排卵ができない女性に対し、ボランティアの女性が代わりに卵子を提供し
提供を受けた旦那さんの精子と体外受精をさせ、女性の子宮に着床させる。

こうしたボランティアを行う団体「卵子提供登録支援団体(OD-NET)」が話題となっています。
2人の30代のボランティア女性から採卵したことが明らかになっています。
まだ体外受精をさせた段階で着床はさせていないようですが年内にも移植する方向で動いているとか。

法律では、遺伝子的につながりがあるかどうかが親子関係には無関係で
誰から生まれたかが戸籍には記載されるんですよね。
今までは日本国内は血縁者以外から卵子提供を受けることはできませんでした。

日本でもエッグシェア制度が普及すれば不妊症で悩む方の助けになることは確かです。
しかし卵子提供には副作用、痛み、恥ずかしさがあることから
善意の第三者を増やすのはなかなか難しいことです。
増えてほしい反面、無償での提供が厳しいことなどから
まだまだ普及が厳しいのかなと思います。
もっと簡単に卵子が提供できれば良いのですが。

卵子の提供に関しては、赤の他人の方が良いとは思います。
近親者の場合は夫と妹の子、夫と姉の子、ということになりますから
相続や感情などで、のちのち問題になることも考えられます。
遺伝子にも問題が起きた場合には血が近い分いろいろありそうですしね。

月別アーカイブ